水目桜30百合小吸物椀 白木塗

水目桜30百合小吸物椀 白木塗

木地師が轆轤(ろくろ)と鉋を使った薄びきと呼ばれる技で木を非常に薄く挽き(削り)木地を作ります。木地に漆を塗っては磨くことを繰り返す、すり漆と呼ばれる技法で木目や節など自然のままの木の美しさを保ちます。